LINE@治療室らるく
電話テキスト 電話テキスト お問い合わせ 予約する
院長のあいさつ | 南青山 鍼灸マッサージ治療室らるく

院長のあいさつ

larc

女性誌でらるくの「お灸による疲れ目ケア」をご紹介頂きました!お灸の良さを今に伝える治療室らるくへようこそ

数ある鍼灸院の中から当治療室のサイトにアクセスくださり、ありがとうございます。

南青山 鍼灸マッサージ治療室らるくの飯塚聡と申します。

治療室らるくは千代田線・乃木坂駅から歩いて2分の静かな住宅街にあります。2016年4月にこの地で開業して以来、多くの方をお迎えして参りました。

男性1人が運営している鍼灸サロンではありますが、女性の患者様にもお気兼ねなくお越し頂けますよう心を砕いて参りました。お陰さまで、現在のところ患者様の男女比は8:2で女性の方により多くお越し頂いております。

らるくでは、全てのコースで「鍼」と昔ながらの「お灸」、そして一般にマッサージと呼ばれる「あん摩・指圧」を組み合わせた施術をご提供しています。特にらるくがこだわるのが「お灸」。お灸は「熱い」イメージをお持ちになる方も多いかも知れませんが、らるくでは専用の熱緩和シールの上からお灸をするので熱さを感じにくく、さらに熱さをなるべく感じさせない技術にて、施術致します。このお灸は、たまたま覆面でいらした雑誌記者の方にとても気に入って頂けたため、らるくのお灸を雑誌でもご紹介頂けました!

最近では昔ながらのお灸を使う鍼灸院さんは減りつつありますが、2000年以上続くお灸の良さを皆さんにお伝えしないのはもったいない!そんなお灸へのこだわりを皆さんにお伝えするらるくでの時間をお過ごし頂けたら幸いです。

鍼灸は副作用もほとんどない(*1)、ご自身の持つ体の力を少しずつ呼び起こすものとさてれいます。お体の本来の力を、呼び起こしませんか?

(*1)鍼による施術において、まれに刺入時の痛みや術後に内出血を起こす場合があります。また、今までお灸によるやけどを負わせたことはありませんが、お灸に火をつける施術という性質上やけどのリスクがゼロではないことをお知らせ致します。なお、施術後の効果については個人差がございます。

■治療室について■
ステンドグラスが優しい光を灯すランプが、皆さまをお迎えします。表の通りから大きなガラス窓を通してご覧頂けるランプを目印にお越しください。

治療室らるくは完全予約制で、お1人の患者様が他の患者様と顔を合わせるタイミングが極力生じないよう、ご予約をお取りしています。

なお、治療室らるくは「多様性」を重要なものだと考えています。そのため、LGBTフレンドリーな鍼灸マッサージ院でありたいと思っています。

■施術の際は■
施術に際しては、施術着をご用意しております。なお、施術内容によって紙製ブラや紙製トランクスをお渡しすることがございます。

■施術後のご注意■
鍼灸を、特に初めてお受けになると身体が怠く感じたり、施術した部位がキリキリ痛んだりして、かえって不調を強く感じることがあります。これは一般的に「好転反応」と呼ばれ、身体が回復しようとすることで一時的に起こる現象です。通常は数時間で消えますが、まれに2~3日消えないこともございます。鍼灸が確かに身体に良い影響を与えていることで起こる現象ですので、どうぞご安心ください。

■その他の便利なコトは?■
お支払いには現金だけでなくVISA/MASTERカード、Suica/Pasmoもご利用頂けます。また、オトクな回数券もご用意しております。

■学割もございます!■
小・中・高・鍼灸学校の学生さん向けに、60分のはりきゅう全身コースを半額にてご提供しております。中・高・鍼灸学生の方は会計時に学生証をご提示ください。

profile院長プロフィール

飯塚 聡(いいづか さとし)
大学時代は外国語学部にて英語を学び、 大学卒業後はアジア系とアメリカ系航空会社で計16年間勤務。 航空会社勤務時代から肩こりや胃腸の不調を持ち、自ら鍼灸院に通いながら、なぜ自分の体に不調が起こるのかに興味を持つ。その興味が昂じ、一念発起して鍼灸の道に進む。

2014年3月 東京医療専門学校 鍼灸マッサージ科卒業 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師免許取得

東京都内の整形外科クリニックにて勤務の後、世田谷区・尾山台の「治療院ヒロ」小髙章子先生に師事

2016年3月 東京医療専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科卒業 鍼灸学校における教員資格取得

2016年4月 南青山 鍼灸マッサージ治療室らるく 開業

2018年4月 鍼灸専門学校の非常勤講師として教壇に立つ

はり師免許番号:165027

きゅう師免許番号:164735

あん摩マッサージ指圧師免許番号:138216